ホワイトニングリフトケアジェル

ホワイトニングリフトケアジェルの使い方

投稿日:

ホワイトニングリフトケアジェルの成分について

ホワイトニングリフトケアジェルの全成分は以下の通りです——

グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

このうち、有効成分となっているのはグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスの2つ。

プラセンタエキスについては近年よく美容記事で取り上げられることもあって、「よく知っている」という人もいるでしょうが、グリチルリチン酸ジカリウムの方は、聞きなじみがない方も多いでしょう。

おそらく「酸」の字がついたり、カタカナ表記というで、この物質を化学的な合成物と勘違いする人もいるかもしれません。

しかしグリチルリチン酸ジカリウムというのは、甘草(カンゾウ)という植物から抽出されたもの——。つまり、天然由来の成分なのです。

甘草は漢方の生薬として大変にポピュラーなもの。ヨーロッパ、オリエントから中国にいたるユーラシア大陸全土で繁茂している多年草です。広い地域で生えているだけにその生育ぶりは旺盛。厳しい気候にもすぐ適応してしまいます。大昔からその潜在力が注目されて民間薬となり、洋の東西を問わず利用されてきました。

エジプト、ギリシャといった地中海の古代文明でも喘息・去痰薬として使われ、漢方でも大変ポピュラーな生薬。緩和作用、止渇作用を備えていて、「甘草がないと調薬ができない」といわれています。

主要な成分グリチルリチン酸は強い抗炎症作用を備えていて、肌のコンディション改善に効果的。また、砂糖の50倍という強い甘みを持っているため、醤油やスナックなどに甘味料として使用されています。

副作用の心配もないので、肌ケア商品の成分として最適。プラセンタエキスとのコンビで、肌にハリとツヤをよみがえらせます。

YouTube動画でホワイトニングリフトケアジェルの使い方をマスター

通販専門コスメの大きな欠点のひとつは、実店舗の場合と違い、その使い方を店員さんにたずねることができない点です。

そのデメリットを解決するため、ホワイトニングリフトケアジェル開発元のメビウス製薬はYouTubeに公式チャンネルを開設しています。

そこには、ホワイトニングリフトケアジェルに関する様々な動画がアップされていて、例えば「シミ・乾燥・たるみのためのマイナス10歳マッサージ教室」という動画では、ホワイトニングリフトケアジェルを使ったマッサージの方法をエステティシャンが解説。

頬下や口、あるいはアゴ周りを柔らかくする方法や、耳下腺リンパ節をほぐす方法がよく分かるようになっています。

もしホワイトニングリフトケアジェルを買ったものの使い方がよく分からない場合、これらの動画を参考にするといいでしょう。

-ホワイトニングリフトケアジェル

Copyright© 『本当に効いた!ホワイトニングリフトケアジェルの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.